京都異業種交流会 経営者 福の集い

異業種交流会 京都 経営者 事業承継予定者 起業家 管理職

福の集いとはサポートメンバー紹介セミナー情報過去の交流会の様子よくある質問事務局アクセス
お問い合わせ

過去の交流会の様子

異業種交流会 京都 経営者 事業承継予定者 起業家 管理職

お問い合わせ

過去の交流会の様子

過去の交流会の様子


テーマ:事業承継・歯科技工士の現状について

開催日:2018年6月14日(木)

事業承継・歯科技工士の現状について

今回「事業承継」をテーマに2部構成にしてお話しました。
第1部は税理士の三浦より、事業承継税制の変更点について、第2部は株式会社ニュータイムリーの新野社長に
歯科技工士の現状と事業承継についてお話いただきました。
事業承継税制は事業承継の際の贈与税・相続税の納税を猶予するもので、これまでにもありましたが、
抜本的な拡充がされました。ポイントは「対象株式数・納税猶予割合の拡大」「対象者の拡大」
「雇用要件の弾力化」「新たな減免制度の創設等」の4つです。ここでそれぞれについて詳しく説明するのは
割愛しますが、ぜひ事業承継をこれから行う方は確認されることをおススメします。

また、第2部では歯科技工士の現状として、人材不足、仕事のハードさ、お客様が歯科医のみという偏りによる
ひずみ等、労働内容と収入のアンバランスな状況をどうしたらいいのか、また、親から子へ事業承継するのに、
親子だからこその甘えや反発をどうしたらいいのか、率直なお気持ちを含めて発表いただき、
ディスカッションを行いました。

歯科技工士の現状は想像もしていなかったほどのハードさでした。

学校が定員割れするほど希望者が少なく、資格を取っても半年で8割が辞めてしまうほどの人材不足。
貴金属の材料代はどんどん値上がりしているのに、歯科医院への単価は値下げ競争になってしまっている現状。
少しでも単価が高い自費をメインにする人が増えており、日本の保険制度では虫歯すら治せなくなる時が
くるのでしょうか。このように厳しい業界で会社を維持するために、後継者にはどんな知識・人間性が必要で、
どんな方法で承継したらいいのか。
とても難しい問題で、たくさんのご意見をお伺いするには時間が短くなってしまいましたが、
親から子へ事業を引き継いだお子さんの立場からのご意見等を参加者から聞くことができました。
新野社長、発表頂きましてありがとうございました。

事業承継の難しさを改めて感じ、悩まれている方はたくさんいるのではないでしょうか、
少しずつセミナーで知識を増やしたり、もしくは個別相談で各士業へ相談することも可能です。
少しでも皆様のお力になりたいと思います。ご興味・不安・悩みがありましたら、是非お問合せください。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

テーマ:IT導入補助金・AIについて

開催日:2018年5月10日(木)

IT導入補助金・AIについて

今回「IT導入補助金について」をテーマにITコンサルタントの笹島さんに教えて頂きました。
IT導入補助金は中小企業・小規模事業者等がITツールを導入することで生産性の向上を図ることを目的とします。
補助金は導入費用の2分の1(上限50万円)だそうです。
もちろん、何でもOKというわけにはいかず、要件がありますし、導入後も結果を報告しなければなりません。
そんなことを聞くと面倒だな、と思ってしまうところもありますが、使える助成金は使ったほうがいいですよ。
それに、何度か補助金の申請等をしていると慣れてきて、書類作成への意識も変わってくるはずです。
ホームページで承認を受けている業者やITツールを検索することもできます。
新規で導入する予定がありましたら、対象となるか確認してみてはいかがでしょうか。

それから、AIについて少しお話しました。
あちこちにAIが進出していますね。10年後にはなくなる職業なんていう記事もよく見られます。
10年後、20年後はどんな暮らしになっているのでしょうか。そして仕事とお給料はどんなことになっていくのか。
個人的には不安が大きいですが、変化に対応できるよう、知識を増やして、選択肢を増やしておきたいと思います。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

テーマ:平成30年度最新!助成金活用

開催日:2018年4月12日(木)

平成30年度最新!助成金活用

今回「平成30年度最新!助成金活用」をテーマに社労士の深津先生に厚生労働省管轄の助成金について
教えて頂きました。
雇用の安定や雇用環境の整備、仕事と家庭の両立支援など、助成金が出る取り組みは、
国が考える国民の望ましい働き方を実現するための取り組みです。

助成金が取れるかどうかは、細かく要件がありますので、社労士などの専門家にお伺いするのがいいと
思いますが、「働き方改革」、国が具体的にどのような取り組みを支援しているのか、
社内の雇用制度・社員教育等見直してみてはいかがでしょうか。

社労士へ「うちが取れる助成金はありませんか?」と聞いても、何かしらの取組みが必要ですし、
無駄な質問になってしまいますので、知識を持ち、「この助成金とるためには、あと何をしないと
いけないかな?」と質問できたほうがいいですよね。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

テーマ:我が社の経営課題

開催日:2018年3月8日(木)

我が社の経営課題

今回はいつものセミナーとは趣向を変えて、経営者の方に「我が社の経営課題」をテーマに発表して頂き、
参加者全員でディスカッションをしました。
発表して頂いた会社や業界の話にもなりますが、経営者としての悩みは重なるところも多く、
会社の発展・ビジネス展開、社員の幸福、経営者という立場等、ご参加いただいた方々にとっても
ヒントになることはたくさんあったと思います。
私も皆さんの発言を聞いてとても勉強になりました。
そして経営者同士で話をする機会を作ることは大切だと感じました。
ビジネスでは取引先の社長・担当者の上司と話をして動向を確認することは重要ですし、
経営者同士でないと話せないこともあると思います。
しかしビジネスだけの話ではなく、経営者としての考え方や立ち振る舞いについて、
他の経営者の話を聞くことで、自分を見直せたり、改めて考える機会になります。
異業種交流会で多くの知識をもち、経営者と接することで、経営者・ビジネスマンとしてスキルアップして
もらえたらいいなと思います。

今回、「我が社の経営課題」という少し抵抗のあるタイトルにもかかわらず、発表を快くお引き受け頂きました
社長には、誠に感謝しております。いつもと違うセミナーができ、色々な意見を聞くことができたことは、
社長のおかげです。また、ご参加いただいた皆様にも、色々な意見・考え方を教えて頂くことができ、
有意義な時間となりました。ありがとうございました。

テーマ:人材紹介先のシニアの活用事例、当社シニア社員の活躍について

開催日:2017年12月14日(木)

「人材紹介先のシニアの活用事例、当社シニア社員の活躍について」をテーマに
株式会社シニアエイド・イノベーションの田中優介社長にお話いただきました。

シニアにどのようなイメージがありますか?
実務作業ができるのか、扱いにくいのではないか、そんなことを思ってしまいませんか?
しかし、人柄やこれまでの経験によっては、立場や役割を理解しお仕事をして頂けるそうです。
そして、仕事がしたくて、役に立ちたくて就職するのです。とりあえずお給料をもらえればいいと
思っている人とはエネルギーが違います。私も今回お話を聞き、決め付けていたところがあるなと感じました。
60歳代なんてまだまだ若い、と思っているのに、特に仕事のことで「シニア」といわれると、大丈夫かな?と。
思い返してみると、尊敬できる上司には「シニア」という感覚が無く、他のネガティブなことがあると
「もう歳だからな」「シニアだからな」と理由付けしていたなと思いまして、
「シニア」という言葉で一律に考えてしまっていたことを認識しました。

ちなみに、マッチングをする上では、何をして欲しい、どうゆう役割を求めているのか、
求める人材の目的がはっきりしていると、ミスマッチを防ぐことができるそうです。
今回講師を務めていただきました田中社長、大変貴重な時間となりました、ありがとうございました。
また、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

テーマ:会社を取り巻くリスクと損害保険

開催日:2017年11月9日(木)

「会社を取り巻くリスクと損害保険」をテーマに上向井さんにお話いただきました。
責任の有る無しに関わらず、賠償を請求されるケースが増えてきているそうです。
しかし、企業としては関係ないと何の対応もしない、というわけにもいきません。
賠償を請求してくる人は、色々な人に相談し、インターネットで調べ、不確かな情報の中から
自分に都合のいい情報だけをインプットしてしまいます。ということは、自分の思っている結果に
ならなかったとき、その人にとって相手は悪者です。
地域の口コミやSNSの書き込みで、ネガティブな情報が広がってしまっては経営に影響が出る可能性があります。
スピード感や誠実な対応はもちろん重要ですが、お金が解決してくれるところもあります。
保険は掛け方を間違えると、対応してもらえません。
どんな保険で、どんな特約をつけていて、どこまで補償されるのか。保険は難しいです。

ちなみに何か起こったときには自分で判断せずにとりあえず連絡し保険金がでるか確認した方がいいようですね。
参加者の中にも請求すれば保険金がでたかな、というようなことがあるようです。
今回ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

テーマ:経営者ならば知っておくべき相続の知識

開催日:2017年10月12日(木)

経営者ならば知っておくべき相続の知識

今回は「経営者ならば知っておくべき相続の知識」をテーマに司法書士下市さんにお話いただきました。
相続人、法定相続分・遺産分割協議、遺言、それから遺留分について、相続の基礎知識をお話しながら、
ところどころで出席していた弁護士を交え判例についてもお話があり、より理解を深めることができました。
裁判所の司法統計にある「平成28年度遺産分割事件数終局区分別」から、遺産分割事件総数は12,188件も
あったことがわかります。自分のところは大丈夫と思っていても、相手のあることです。
自分が相続するときの身内とのトラブルも、自分が死んだときにトラブルの種を残すことも、
できることなら回避したいですよね。

前回の「事業承継につかえる生命保険」に引き続き、相続をテーマにしたセミナーが続きましたので、
自分の思いと、それを実現するためにはどうしたらいいか、具体的に考えることができるようになったと思います。
具体的に自分のケースではどうしたらいいか、より深く考えたいときには、セミナー後に行っている無料相談会を
活用してください。いつでも各専門家が交流会に参加していますので、自分が気になったタイミングで
いつでも相談できます。
今回ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

テーマ:事業承継に使える生命保険

開催日:2017年8月10日(木)

事業承継に使える生命保険

第10回目のセミナーは「事業承継使える生命保険」がテーマでした。
生命保険の基本的な仕組みから、何を目的に保険に加入するのか、というようなお話でした。
進められるままに加入していると、本当に必要な保険なのか疑ってしまいませんか?
まだまだお話できなかったことがありますので、第2弾を行うことが決定しました!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。どうぞ、第2弾もお楽しみに。

セミナー後には暑気払いをかねて懇親会を行いました。
みんなで楽しく食べて飲んでワイワイお話をしてとても楽しい時間となりました。
更に交流が深まるよう、今後も折に触れ懇親会を開催したいと思います。

テーマ:国などのお墨付きをもらって、事業成長に活用する方法

開催日:2017年5月11日(木)

国などのお墨付きをもらって、事業成長に活用する方法

第7回目のセミナーは「国などのお墨付きをもらって、事業成長に活用する方法」がテーマでした。
経済産業省関連の補助金について、制度や各種補助金の概要、また認定を受けるためのコツについてお話しました。
前回の助成金同様、知らないと活用できません。また知る機会も少ないようです。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

テーマ:平成29年度 最新助成金活用セミナー

開催日:2017年4月13日(木)

平成29年度 最新助成金活用セミナー

第6回目のセミナーは「平成29年度最新助成金活用」がテーマでした。
助成金は申請しないともらえません。そのためにはどんな助成金があるか知っておかなければなりません。
専門家がいますので深く理解する必要もありませんが、何事も知識はあって困るものではありません。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

テーマ:個人事業主・会社役員の退職金・退職年金

開催日:2017年3月9日(木)

個人事業主・会社役員の退職金・退職年金

第5回目のセミナーは「個人事業主・会社役員の退職金・退職年金」がテーマでした。
どのような準備の方法があるのか、細かく考えると複雑で難しいことですが、自分の老後をどう過ごすのか、
暮らし方と一緒に経済的なことも考えておく必要があります。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

お知らせ
2016-10-24
「福の集い」のホームページをオープンしました。
経営塾